会社沿革

タワー不動産株式会社の創業は、長崎本家の総領、丈次郎(じょうじろう 弘化2年1845年~1927年)が現在の古賀市 (JR古賀駅の西部) において繭産業を興したことから始まりました。その事業全般は、嗣子、重三郎(じゅうざぶろう 1883年~1948年)へ引き継がれていくことになります。 

 

img20070827_2.jpg

大正5年頃 右手奥の建物が古賀駅旧舎

長崎重三郎 (右手前列桶を持った人物)


その後、戦中戦後の食糧難時代に、一三(かずみ 1902年~1976年)重一(しげかず 1937年~2012年)親子が食品製造販売 (特に乾麺の製造販売) とともに、古賀市を中心に不動産賃貸業をおこない現在に至りました。 

   

弊社は、創業地である「古賀市」で一世紀を超える激動のなかで、さまざまな変節がありました。しかし一貫して変わらないものがあります。それは、 『犬鳴山脈と白砂青松の美しい自然に育まれ、郷土を愛し、世紀を超えるふれあいを大切に育んできた 』 という精神です。私たちはこの精神を忘れず、役職員一同、不動産業に専念してゆきたいと思っております。

 

history_photo01.jpg
 
history_photo02.jpg

長崎家の系譜
 

古賀市における長崎本家は、元亀年間(1570年~1573年)に福岡入りした説と 豊臣秀吉による九州征伐(1586年~1587年)の折 福岡入りした説があります。元亀年間までさかのぼれば、長崎家は古賀市に移住して450年程になるようです。
当時は、激動の戦乱期であったため、鎌倉より移住後は玄海灘を見渡せる鹿部山に山城を築いていたそうだ。当時は鹿部山近くまで入江だったこと、また海上交通が主流の時代でもあり鹿部山から海を監視する役目も担っていたようだ。そのため鹿部山に鎮守されている古賀神社の本宮である皇石宮は長崎家一統が数百年もの長い間お祀りし、今でもその一帯を長崎家一統が所有しています。

戦乱終息後は、山城から一族と共に野に降り、名字帯刀を許された大庄屋を務めてきた。まずは長崎家菩提所として称善寺を建立する一方、長崎家一統において絹糸・綿・蝋・醤油・味噌等を製造後、大阪に搬送 販売し栄えていたそうだ。
しかし詳細な記録については長崎家本家及び当家菩提寺である称善寺が明治初期に時期を同じくして火災にあったため消失してしまった。

長崎本家の初代分家である木屋長﨑家は、代々 与八郎を襲名し大庄屋を兼務する傍ら一統家において絹糸・綿・蝋・醤油・味噌等を製造後、大阪に搬送 販売し栄えていたそうだ。現在も末裔が大阪に在住されています。
木屋長崎家は、明治初期にはめずらしく高層の木造3階建で玄界灘が一望できる鐘楼堂のある荘厳な家屋だったそうだ。そのため明治二十年頃 北白川宮様が日清戦争後、台湾守備の命を受け台湾征討へ行かれた際 御宿泊所を賜ったそうだ。その時の一行には明治政府が招聘したドイツ帝国 陸軍のメッケル将軍も同行されていたそうだ。    
また木屋家は苦学生に学費を送り続けるなど五十人以上もの大学生を排出させ政財界に送り込んだエピソード等もある。

現在、春のお彼岸中日(3月20日)に古賀市にあります長崎家の菩提寺 西山浄土宗 称善寺にて先祖祭りがとりおこなわれております。その後の親睦会では本家分家持ち回りで、「すき焼きと酒」をふるまうのが慣例になっております。
また平成28年9月28日には長崎本家四代目 市右衛門翁参百年忌法要も行われました。                       

※長崎家の系譜については、古賀市文化財調査委員 故長崎 初男先生から聴取

長崎家の紅梅
長崎本家の紅梅
明治10年建築され